このページの本文へ移動

定例記者会見(平成27年5月25日)

2015年5月25日登録

平成27年第2回定例会の概要
県内初!環境測定車に電気自動車を導入
目指せ!参加率50パーセント、5月27日は市民が運動・スポーツする日
「チャレンジデー」

市内で3カ所目の「座間市子育て支援センター(ざまりんのおうち かがやき)」
を開所

市内3カ所の「子育て支援センター」愛称決定
 


 

平成27年第2回定例会 議案の概要
 
 平成27年座間市議会第2回定例会議案について、詳しくはこのページ下部の「ダウンロード」を参照してください。

県内初!環境測定車に電気自動車を導入

 
 市では、低炭素社会の実現に向けた施策の一つとして、これまで5台の電気自動車を公用車として導入していますが、このたび、新たに電気自動車を1台導入します。
 今回導入する電気自動車は、日産自動車株式会社が製造する「e-NV
200」というバンタイプの電気自動車で、この車両の大きな特徴は、電気自動車のバッテリーから直接電気を取り出すことができ、「荷物」と「電気」の両方が運べることから、地球環境問題への対処に加え、災害時に活用することができます。
 今後は、この車両を環境測定車として使用するとともに、低炭素社会の実現に向けた啓発活動の一環として、この環境にやさしい「走る蓄電池」を各種イベントで広くPRしていきます。
 なお、環境測定車に電気自動車を採用するのは、県内では座間市が初めてです。
 
◆電気自動車(環境測定車)の納車式
○と き 6月2日(火)午後1時30分~
○ところ 座間市庁舎正面玄関
 
 問い合わせ先 環境政策課 TEL046(252)7675

▲このページのトップへ

 目指せ!参加率50パーセント、5月27日は市民が運動・スポーツする日
「チャレンジデー」

 市では、地域ぐるみの健康増進を目的として、5月27日(水)に開催される住民総参加型スポーツイベント「チャレンジデー」に初参加します。
 これは、笹川スポーツ財団をコーディネーターとして全国的に行われているイベントで、毎年5月の最終水曜日に人口規模がほぼ同じ自治体が、1対1で午前0時から午後9時までの間に、15分以上継続して運動やスポーツをした住民の「参加率(%)」を競い合い、敗れた場合は、対戦相手の自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚するというユニークなルールによって行われるものです。
 このイベントには、年齢や性別を問わず誰もが気軽に参加でき、「住民の健康づくり」や「スポーツ振興」、「地域の活性化」のきっかけづくりに最適と、年々参加が増え、今年は全国130自治体が参加し開催されます。
 また、対戦相手は、3月21日に友好交流都市協定を結んだ秋田県大仙市に決まり「ともに健康なまち」を目指すための交流を深めようと機運が盛り上がっています。今月4日の「大凧まつり」会場では、大仙市の栗林市長と遠藤市長が、「お互いに頑張ろう」とエール交換しました。大仙市の過去の成績は0勝2敗(最高住民参加率47.1パーセント)で、互いに初勝利を目指します。
 市では、参加率50パーセントの6万5千人以上の参加を目標に、市主催や関係団体のスポーツイベントをこの日に集中させ、多くの市民(市内在勤者も報告可)に運動をしていただこうと準備しています。
 なお、通勤、通学、散歩、買い物などでも、15分以上歩けば参加が可能ですので、より多くの方の参加を呼び掛けています。
〇参加方法
 ▼15分以上の運動やスポーツを実施する
 ▼チラシ裏面の参加報告シートや「広報ざま」5月15日号の1面下部の参加報告シートを市内の公共施設に設置される回収ボックスへの投函またはファクスで送信
 ▼参加報告シート内容を電話やメールで報告
〇回収ボックス設置場所
 ▼市役所(午前9時~午後9時)
 ▼スカイアリーナ座間、市公民館、北・東地区文化センター、コミュニティセンター(午前9時~午後8時30分)

 

〇チャレンジデーのイベント
 ▼メイン会場(スカイアリーナ座間)イベント
  オープニングセレモニー 午前9時~9時30分
  ・We Love ZAMA体操 ・ラジオ体操
  フィナーレイベント 午後8時~8時30分
  ・一輪車演技 ・We Love ZAMA体操
 ▼その他
  ニュースポーツ教室、幼児親子体操教室、転倒予防体操、ラジオ体操、
  幼児・小学生低学年サッカー教室、卓球教室、一輪車教室、バスケットボール教室など
〇その他の会場イベント
  ウオーキング、ターゲットバードゴルフ大会、ノルディックウオーキング体験会など
〇ざまりんと一緒に、スーパーマーケット前で参加報告シートの回収
  当日は、関係団体の協力を得て、大型店などの買い物客の参加を促す。
 ▼とき 午前10時~11時45分、午後3時~4時45分
 ▼ところ ユニー(株)ピアゴ座間店前(入谷1丁目)、スーパービバホーム座間店前(東原一丁目)
 ▼内容 チラシ配布、参加報告シートへの記載指導、参加報告シートの回収

  問い合わせ先 スポーツ課 TEL046(252)8177

 ▲このページのトップへ

市内で3カ所目の「座間市子育て支援センター(ざまりんのおうち かがやき)」
を開所

 市では、これまでに開設している2カ所に続き、新たに子育て支援センターを6月8日(月)から座間駅前のホシノタニ団地に開所します。
 同センターは、子育て家庭が抱える育児不安などの解消を目指し、子どもの健やかな育ちを支援するために開所するもので、社会福祉法人 光輪会が運営します。相談スペースや授乳室、庭を用意していますので、是非ご利用ください。

○住 所 座間市入谷5丁目1691番地の2 ホシノタニ団地4号棟 1階
○開所時間 午前10時~午後4時(毎月第2木曜は午後3時まで)
○休所日 土曜・日曜日、祝・休日、年末年始他
○費用 無料
○連絡先 TEL046(255)7070

開所式
6月6日(土)の午前10時から開所式を行います。開所式後には子育て支援センター内をご覧いただけます。どうぞお越しください。

市内3カ所の「子育て支援センター」愛称決定

 市では、3カ所目となる子育て支援センターを開所するにあたり、3月1日~25日にメールや募集箱などで各子育て支援センターの愛称を募集しました。今回、市民の皆さんの応募をもとに、次のとおり各子育て支援センターの愛称が決定しました。

○ 子育て支援センターの愛称
・ ざまりんのおうち ゆめ(所在地:東原二丁目8番1号 サンホープ2F)
・ ざまりんのおうち ひまわり(所在地:相模が丘五丁目29番59号)
・ ざまりんのおうち かがやき(所在地:座間市入谷5丁目1691番地の2 ホシノタニ団地4号棟 1階)
○ 募集結果
応募総数 49通  採用者数 6人
○ 決定理由
小さい子どもに分かりやすく、楽しい場所だと認識しやすい「ざまりんのおうち」と、東原においては未来ある子どもたちに「ゆめ」を持ってほしいという願いをこめて、相模が丘においては市の花でもあり、これまでも愛称として親しまれている「ひまわり」を、今回新たに開所する入谷におきましては、ホシノタニ団地の星にちなみ、子どもたちだけでなく大人たちにも「かがやき」を持っていただけるようにと希望を込めて、愛称を決定しました。
○ その他
 6月6日(土)の開所式において、愛称を採用させていただいた方を表彰します。

 問い合わせ先  子育て支援課 TEL046(252)7969
 

▲このページのトップへ

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ