このページの本文へ移動

庭木の枝(剪定枝)落ち葉、下草の資源化

2017年9月1日更新

 市では燃えるごみの減量化・資源化を推進するため、家庭の庭木を剪定した際に出る枝、落ち葉、下草類を資源物として戸別に回収しています。費用は無料です。
 収集された剪定枝は堆肥やチップなどの資源物としてリサイクルされますので、分別収集にご協力ください。
※収集方法や注意点については下記を参照の上、ご不明な点は担当までご連絡ください。

剪定枝のイラスト
 

◆剪定枝は申し込み後戸別に収集します。燃えるごみの日など集積所に出さないでください。
申し込みは資源対策課(電話046(252)7560)へお願いします。
◆収集できる枝の大きさは、1本あたりの長さが1メートル以内、太さが20センチメートル以内で
束にした時の太さが30センチメートル以内のものまでです。
◆長さや太さが基準を超えたものは、収集できません。
◆毒性のある植物、シイタケ用基材は、収集できません。
◆剪定枝は、ポリ袋や麻袋などでの排出ができません。ひもで束ねて出してください。
◆草や落ち葉を出す際は、土や石などが混入しないようにしてください。
◆草や落ち葉は、透明・半透明のポリ袋に入れて出してください。
◆業者が剪定したものは収集できませんので、処分は業者に依頼してください。
申し込みから収集までは、おおむね1週間ほどかかります。あらかじめ余裕をもって申し込んでください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

資源対策課 業務係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7659
FAX番号:046(252)7616

ページの先頭へ