このページの本文へ移動

基地対策の活動(平成24年度)

2013年4月3日登録

【キャンプ座間】米陸軍関係者家族による放火事件について(要請)(平成25年3月8日)
 平成25年3月7日、座間市内において、米陸軍関係者の家族が、民家物置に放火し、物置及び住宅等を全焼させる事件が発生しました。座間市と県及び基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会は、米軍人等による事件・事故の再発防止等を要請してきているところであり、極めて遺憾であり、米軍人、軍属だけではなく、その家族についても教育プログラムやカウンセリングを実施することなど、犯罪防止に向けた、より一層の取り組みを進めることを国及び米軍に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。


【キャンプ座間】米陸軍関係者家族による放火事件について(要請)(平成25年3月8日)
 平成25年3月7日、座間市内において、米陸軍関係者の家族が、民家物置に放火し、物置及び住宅等を全焼させる事件が発生しました。市では、従前から実効性のある対策を講じ事件・事故の防止に努めるように要請してきたところでもあり、誠に遺憾であり、より厳正な綱紀粛正及び効果的な再発防止策を講じるよう国及び米軍に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。


【厚木基地】厚木基地騒音対策協議会緊急総会・要請活動(平成25年2月5日)
 本市、神奈川県ほか、厚木基地関係市町村の市長及び議長等で構成する厚木基地騒音対策協議会の緊急総会が開催されました。これは、厚木飛行場から岩国飛行場への移駐が遅延するとの説明を受けて緊急に開催されたもので、厚木基地の実情を改めてしっかりと認識し、引き続き平成26年(2014年)までに移駐するように強く政府及び関係機関に要請を行いました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。


【厚木基地】厚木飛行場から岩国飛行場への艦載機移駐移駐遅延についての防衛省説明(平成25年1月24日)
 
神奈川県庁に左藤防衛大臣政務官が訪問し、座間市を含む厚木基地関係の市町村の市長及び議長等で構成する厚木基地騒音対策協議会に対し、2006(平成18)年のロードマップにおいて、2014(平成26)年までに完了するとされている厚木飛行場から岩国飛行場への空母艦載機の移駐について、日米間で施設整備の全体工程を見直した結果として空母艦載機の岩国飛行場への移駐が可能となる時期については、2017(平成29)年頃になる見込みとなる旨の説明がありました。 
 協議会としても、これまで全く情報提供がないままに、突然、移駐の延期について最終通告のように言われるのは、とても受け入れることができない。従来から2014(平成26年)までの移駐をお願いしてきたということを、改めて受け止めていただき、2014(平成26年)までの移駐について、最大限努力していただくとともに、遅れるというならば、最小限の遅れに止めていただきたい。また、進捗状況等の情報提供、意見交換を行うための場を早急に講じていただきたい旨などの申し入れを行いました。
≪参考≫
神奈川県ホームページ:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417519/

【厚木基地】オスプレイの飛行訓練等に伴う厚木基地の使用について(平成24年12月6日)
 オスプレイの飛行訓練に伴う厚木基地使用に関して、神奈川県及び座間市を含む基地関係11市(横浜市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、町田市)、さらには、神奈川県市長会、神奈川県町村会と共同で
、飛行計画や具体的な訓練方法、周辺住民への影響に係る情報提供、地元が納得できる対応等を求めて国に要請活動を行いました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。

【その他】米軍人による公然わいせつ事件について(要請)(平成24年11月26日)
 平成24年11月23日に横浜市神奈川区にある漫画喫茶で、空母ジョージ・ワシントンの乗組員が飲酒のうえ全裸になるなどし、公然わいせつの疑いで現行犯逮捕される事件が発生しました。これは、同年10月16日においても沖縄県で発生した米軍人による女性暴行事件を受け、同月19日(金)から在日米軍が夜間の外出規制を実施している中で、同事件が発生したことから座間市と県及び基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会は、誠に遺憾であり、米軍人等への教育訓練の徹底、厳正なる綱紀粛正はもとより、早期に効果的な再発防止策を講じることを国及び米軍に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。


【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成24年11月20日)

【厚木基地】オスプレイの厚木基地使用報道に関する申し入れについて(平成24年11月6日)
 オスプレイが厚木基地を使用するとの報道があったことから、座間市を含む神奈川県及び基地関係11市(横浜市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、町田市)として、防衛省に赴き、報道内容の事実確認と、オスプレイの訓練計画等に係る情報提供を口頭で求めました。

申し入れの概要
○ オスプレイの配備や飛行訓練については、関係自治体や住民が不安を抱いていることから、国が責任を持って関係自治体にしっかりと説明することや、飛行訓練に対する事前の情報提供を繰り返し求めてきたところである。
○ こうした中で、厚木基地の使用についての報道があった。関係自治体への情報提供がないこと、報道が先行する事態が生じたことは誠に遺憾であり、政府の姿勢には、憤りすら感じる。
○ 関係自治体や住民が、オスプレイの厚木基地使用について不安を抱いていることを真摯に受け止め、訓練計画等について、迅速かつ正確に関係自治体に情報提供するとともに、地元が納得できる対応を行うよう求める。

防衛省の回答要旨
○ 今後のオスプレイの本土における訓練などの運用について、広く本土各地の施設・区域へ飛来すると聞いており、それ以上のことは米側から聞いていない。。
○ 全国都道府県知事会議でキャンプ富士及び岩国飛行場に言及しているのは、本年6月に公となった環境レビューにおいて言及されていたこともあり、例示的に挙げているものである。
○ 米側からいかなる情報提供があったのか。具体的詳細については、公表しておらず、お答えを差し控えさせていただくが、今後、米側から得られる情報については、関係自治体に適切に情報提供してまいりたい。

 【厚木基地】厚木基地騒音対策協議会総会開催・要請活動(平成24年10月18日)
 本市、神奈川県ほか、厚木基地関係市町村の市長及び議長等で構成する厚木基地騒音対策協議会が開催されました。騒音被害の解消を図るため、早期に抜本的な解決を講じるよう政府及び関係機関に要請を行いました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。
≪参考≫
 神奈川県ホームページ:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417264/

【厚木基地】厚木海軍飛行場における航空機の機種変更等について(平成24年9月14日)
 9月14 日、 外務省より 厚木海軍飛行場における 航空機の種変更等 についての通知がありました。これを受けて、座間市を含む神奈川県及び厚木基地周辺9市は、機種変更等が 、新たな被害や不安をもらすことを懸念していること、人口密集地域所在する厚木基の現状を新た配備される部隊に対しても十分周知、騒音被害の軽減積極的取り組むと航空機安全確保について万の措置を講 じることを国及び米軍に要請しました。
※要請文は、下記ダウンロードからご覧ください。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港から出港しました。(平成24年8月20日)

【その他】基地問題に関する要望(平成24年8月9日)
 8月9日(木)、座間市、神奈川県及び基地関係市町村で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会において、基地問題に関する要望を防衛省、外務省ほか関係省庁に要望を行いました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。
≪参考≫
 神奈川県ホームページ :
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417259/ 

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成24年8月7日)

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港から出港しました。(平成24年8月6日)

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成24年7月26日)

【その他】米軍人による暴行事件について(要請)(平成24年7月26日)
 平成24年7月25日、横須賀市内において、横須賀海軍所属の米軍人が飲酒の上、女性の背後から抱きつき、口をふさぐ暴行を加える事件が発生しました。また、7月17日にも横須賀市内において、横須賀基地所属の米軍人が飲酒の上、タクシーのボンネットを破損させる器物損壊事件が発生していることから、座間市と県及び基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会では、飲酒に起因する事件が連続して発生したことは遺憾であり、米軍人等への厳正な綱紀粛正、事件の再発防止に努めることなどを国及び米軍に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港を出港しました。(平成24年5月26日)

【厚木基地】厚木基地における艦載機着陸訓練に対する要請について(平成24年5月25日)
 5月22日から24日までの3日間、厚木基地において実施された空母艦載機の着陸訓練に関して、神奈川県及び厚木基地周辺9市では、今回、厚木基地で訓練が実施されたことは極めて遺憾であり容認できず、今後、厚木基地での着陸訓練を二度と実施することがないように、国に対し強く要請しました。
 
【厚木基地】厚木基地における艦載機着陸訓練に対する要請について(平成24年5月23日)
 5月22日朝に通告があり実施されている空母艦載機の着陸訓練について、5月23日夜、神奈川県知事や座間市長、厚木基地関係市の市長らが基地近くの屋上から約5年ぶりとなる厚木基地での着陸訓練を現地視察し、厚木基地周辺の騒音状況を確認した後、米海軍厚木航空施設司令官のスティーヴン・ウィーマン大佐と面談し訓練の即刻中止を求めました。

【厚木基地】厚木基地における艦載機着陸訓練の中止について(要請)(平成24年5月22日)
 5月22日、防衛省から空母艦載機着陸訓練について通告があり、厚木基地において実施するとの内容でした。
 座間市、神奈川県及び厚木基地関係市では、日ごろから騒音被害に苦しむ基地周辺住民に配慮し、厚木基地での訓練は容認できないため、訓練が必要であるならば硫黄島で実施すること等を国に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードでご覧ください。

【厚木基地】NLP等の日程追加通告(平成24年5月22日)
防衛省から次のとおり通告がありました。

  空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について
 空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練については、硫黄島において平成24年5月17日に終了したところでありますが、昨夜、在日米軍から、空母の運用上の都合により、出港が数日間遅れ、その間のパイロットの練度維持のために、厚木海軍飛行場において訓練を実施する旨の連絡がありました。
1.訓練概要
   期間:平成24年5月22日(火)~5月24日(木)の午前9時~午後8時 
   訓練機種:空母ジョージ・ワシントン艦載固定翼機全機種
          FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2C、C-2A
2.なお、天候又は航空機の整備問題のような予知し得ない状況が生じた場合には、上記の内容を変更する可能性があり、所要の訓練を完了するために、午後8時以降の飛行を必要とする可能性があります。

【厚木基地】夜間連続離着陸訓練(NLP)終了(平成24年5月17日)
 夜間連続離着陸訓練(NLP)は、5月17日までに硫黄島で全ての訓練が終了しました。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成24年5月16日)

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港を出港しました。(平成24年5月12日)

【厚木基地】NLPの日程変更通告(平成24年4月27日)
防衛省から次のとおり通告がありました。

空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練に係る日程変更ついて
 運用上の理由により日程を変更する。
1.硫黄島における着陸訓練
  訓練期間:5月8日(火)~5月19日(土)の午前11時~翌日午前3時
       ※訓練期間の最終は、5月19日(日)午前3時。
  訓練機種:空母ジョージ・ワシントン艦載固定翼機全機種
         FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2C、C-2A
2.硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合には、
  次のとおり計画の全部又は一部を実施します。
   厚木飛行場    5月14日(月)~5月18日(金) 午後6時~10時
   岩国飛行場     5月15日(火)~5月18日(金) 午後6時~10時
   三沢飛行場     5月15日(火)~5月18日(金) 午後6時~10時

 なお、硫黄島から変更した飛行場であっても、再度、天候又は航空機の整備問題など不測の事態が生じ、所要の訓練を実施できない場合には、上記の日時が変更となる可能性があります。

【厚木基地】夜間連続離着陸訓練(NLP)について(要請)(平成24年4月24日)
 4月23日、防衛省からNLPについて通告があり、平成19年10月以降7回の通告と同じく、今回のNLPについても天候等の事情がない限り厚木基地では実施しないとの内容でした。
 座間市、神奈川県及び厚木基地関係市では、日ごろから騒音被害に苦しむ基地周辺住民に配慮し、訓練環境の整備等に万全を期し、すべての訓練を硫黄島で実施すること等を国に要請しました。
※要請文は下記ダウンロードでご覧ください。 
 
 【厚木基地】NLP通告(平成24年4月23日)
防衛省から次のとおり通告がありました。

 空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について
1.硫黄島における着陸訓練
  訓練期間:5月2日(水)~5月13日(日)の午前11時~翌日午前3時
       ※訓練期間の最終は、5月13日(日)午前3時。
  訓練機種:空母ジョージ・ワシントン艦載固定翼機全機種
         FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2C、C-2A
2.硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合には、
  次のとおり計画の全部又は一部を実施します。
   厚木飛行場    5月8日(火)~5月12日(土) 午後6時~10時
   岩国飛行場     5月9日(月)~5月12日(土) 午後6時~10時
   三沢飛行場     5月9日(水)~5月12日(土) 午後6時~10時

 なお、硫黄島から変更した飛行場であっても、再度、天候又は航空機の整備問題など不測の事態が生じ、所要の訓練を実施できない場合には、上記の日時が変更となる可能性があります。

3.防衛省としては、可能な限り硫黄島で訓練を実施するよう申し入れます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

渉外課 交流・基地対策係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8035
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ