このページの本文へ移動

基地対策の活動(平成21年度)

2013年2月25日登録

【その他】米軍 空母艦載機の部品紛失について(要請)(平成22年3月5日)
  平成22年3月4日、米海軍第5空母航空団所属の空母艦載機(ホーネット)が部品を紛失する事故が発生しました。この部品については、太平洋上で訓練を行った後、厚木基地への帰還後発覚したもので、洋上あるいは地上に落下した可能性があるとのことです。
 座間市と県及び基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会では、事故原因を究明し再発防止策を徹底することや航空機の整備点検の確実な実施、安全管理に努めることを国及び米軍に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。

【その他】米軍 空母艦載機からの部品落下について(要請)(平成22年1月29日)
 平成22年1月28日、綾瀬市内において、米海軍第5空母航空団所属の空母艦載機(スーパーホーネット)から飛行中に金属製の部品が落下する事故が発生しました。座間市と県及び基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会では、事故原因を究明し再発防止策を徹底することや航空機の整備点検の確実な実施、安全管理に努めることを国及び米軍に強く要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。

【厚木基地】厚木基地における米海軍飛行隊の交替について(要請)(平成21年12月2日)
 12月1日、米海軍厚木基地から、同基地に配備されているFA18-Cホーネットの1個飛行隊が、FA18-Eスーパーホーネットの1個飛行隊に交替する旨の発表があり、外務省からも同様の情報提供がありました。これを受けて、座間市、神奈川県及び厚木基地関係市では、機種変更により基地周辺の騒音状況が悪化することが懸念されるため、騒音被害の軽減に積極的に取り組むことを国及び在日米軍等の関係機関に要請しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成21年11月23日)

【厚木基地】厚木基地騒音対策協議会総会開催・要請活動(平成21年11月9日)
 本市、神奈川県ほか、厚木基地関係市町村で構成する厚木基地騒音対策協議会が開催されました。騒音被害の解消を図るため、早期に抜本的な解決を講じるよう政府および関係機関に要望しました。
※要請文は下記ダウンロードからご覧ください。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港を出港しました。(平成21年10月6日)

【厚木基地】夜間連続離着陸訓練(NLP)終了(平成21年9月30日)
 夜間連続離着陸訓練(NLP)は、9月30日までに硫黄島で全ての訓練が終了しました。

【厚木基地】夜間連続離着陸訓練(NLP)の中止等について(要請)(平成21年9月15日)
 9月14日、防衛省からNLPについて通告があり、平成19年10月以降4回の通告と同じく、今回のNLPについても天候等の事情がない限り厚木基地では実施しないとの内容でした。
 しかし、座間市、神奈川県及び厚木基地関係市では、日ごろから騒音被害に苦しむ基地周辺住民に配慮し、訓練環境の整備等に万全を期し、すべての訓練を硫黄島で実施すること等を国に要請しました。
※要請文は下記ダウンロードでご覧ください。

【厚木基地】NLP通告(平成21年9月14日)
防衛省から次のとおり通告がありました。

空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について
1.硫黄島における着陸訓練
  訓練期間:9月24日(木)~10月2日(金)の午前11時~翌日午前3時
       ※訓練期間の最終は、10月3日(土)午前2時。
  訓練機種:空母ジョージ・ワシントン艦載固定翼機全機種
         FA-18E、FA-18F、FA-18C、EA-6B、E-2C、C-2A
2.硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合には、
  次のとおり計画の全部又は一部を実施します。

  厚木海軍飛行場  9月29日(火)~10月3日(土) 午後6時~10時
  岩国飛行場    10月 1日(木)~10月3日(土) 午後6時~10時
  三沢飛行場    10月 1日(木)~10月3日(土) 午後6時~10時

 なお、硫黄島から変更した飛行場であっても、再度、天候又は航空機の整備問題など不測の事態が生じ、所要の訓練を実施できない場合には、上記の日時が変更となる可能性があります。

3.防衛省としては、可能な限り硫黄島で訓練を実施するよう申し入れます。

 

 【その他】基地交付金及び調整交付金に関する要望(平成21年9月8日)
 9月8日(火)、座間市と県および基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会では、総務大臣に対し、基地交付金及び調整交付金に関しての交付額の増額を要請しました。
※要請文は下記ダウンロードでご覧ください。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成21年9月3日)

【その他】基地問題に関する要望(平成21年7月16日)
 7月16日(木)、座間市、県および基地関係市で構成する神奈川県基地関係県市連絡協議会では、基地問題に関する要望を防衛省、外務省ほか、関係省庁に要請しました。
※要請文(一部)は下記のとおりです。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港を出港しました。(平成21年6月10日)

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成21年6月5日)

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港を出港しました。(平成21年5月20日)

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港に入港しました。(平成21年5月15日)

【厚木基地】夜間連続離着陸訓練(NLP)終了(平成21年5月8日)
 
夜間連続離着陸訓練(NLP)は、5月8日までに硫黄島で全ての訓練が終了しました。

【その他】空母ジョージ・ワシントンが横須賀港を出港しました。(平成21年5月6日)

【厚木基地】夜間連続離着陸訓練(NLP)の中止等について(要請)(平成21年4月20日)
 4月17日、防衛省からNLPについて通告があり、昨年5月のものと同じく、今回のNLPについても天候等の事情がない限り厚木基地では実施しないとの内容でした。このことについて、座間市、神奈川県及び厚木基地関係市では、日ごろから騒音被害に苦しむ基地周辺住民に配慮し、天候等の事情があっても、すべての訓練を硫黄島で実施すること等を国及び関係機関に要請しました。
※要請文は下記のとおりです。

【厚木基地】NLP通告(平成21年4月17日)
防衛省より次のとおり通告がありました。

空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について
1.硫黄島における着陸訓練
  訓練期間:4月27日(月)~5月7日(木)  午前11時~午前3時
        ※訓練期間の最終は、5月8日(金)午前3時。
  訓練機種:空母ジョージ・ワシントン艦載固定翼機全機種
         FA-18E、FA-18F、FA-18C、EA-6B、E-2C、C-2A
2.硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合には、
  次のとおり計画の全部又は一部を実施します。
  厚木海軍飛行場、岩国飛行場、横田飛行場、三沢飛行場
  訓練期間:5月5日(火)~5月10日(日) 午後6時~午後10時

 なお、硫黄島から変更した飛行場であっても、再度、天候又は航空機の整備問題など不測の事態が生じ、所要の訓練を実施できない場合には、上記の日時が変更となる可能性があります。
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

渉外課 交流・基地対策係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8035
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ