このページの本文へ移動

住民基本台帳カード

2019年4月19日更新

■利用方法

 住民基本台帳カード(以下、住基カード)とは、住民基本台帳法の規定により交付されていたICカードです(平成27年12月末に交付は終了となっています)このカードは、利用登録することで次のように利用できます。
 
●写真ありの場合、公共機関や金融機関で、身分証明書としての利用
※全ての場所で身分証明書として認められるとは限りません。提示先で事前にご確認ください。
●コンビニなど(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、イオン〈本州および四国の店舗のみ〉)で、住民票の写し・印鑑登録証明書の自動交付サービスの利用(窓口交付より50円安く取得できます)
●市立図書館での貸出券としての利用
●転入届・転出届の特例
※サークルK・サンクスでのコンビニ交付サービスは平成30年11月30日(金)をもって終了となりました。  

■カードの種類

Aバージョン
Bバージョン
””
 
 写真なしのタイプ。カード表面に氏名/通称、有効期限のみ表示しています。
 ””
 
 写真ありのタイプ。カード表面に住所、氏名/通称、生年月日、性別、有効期限、顔写真を表示しています。
 
●有効期限は、発行の日付から10年(特別永住者、永住者以外の外国人の方は在留期限日まで)です。また、引っ越ししたときや氏名の変更があった場合は、期限内であれば新住所や変更後の氏名を住基カード裏面へ記載します。 

■ 取扱注意点と紛失・盗難時の対応 

・住基カードの券面およびICチップ内には個人情報が記載・格納されています。強い磁気に近づけないなど、取り扱いには十分気を付けて管理・保管してください。
・住基カードを紛失もしくは盗難にあった場合は、早急に警察署または交番に届出(遺失届・盗難届)を行ってください。その後、住基カードの廃止には、市役所戸籍住民課へお越しください。なお、再交付申請は現在は受け付けておりません。

■ 暗証番号の登録 

 住基カードを引っ越し先で利用する場合は、交付時に登録した暗証番号が必要です。なお、暗証番号の確認照会は一切できません。本人の申請による再登録となります。 

■ その他

・住基カードを印鑑登録証として利用している方で、代理人による印鑑登録証明書の窓口申請の際には、なりすましによる申請を防ぐため印鑑登録証明書用として登録された暗証番号をお伺いします。 
 
●コンビニ利用申請する方は、座間市民カードまたは印鑑登録証をカード受け取り時に必ず持参ください。なお、証明書交付用の暗証番号は、本人のみが設定できます。
 
本人確認書類
A 法律またはこれに基づく命令の規定により交付された写真のある書類
(1)運転免許証、旅券、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、運転経歴証明書、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書
(2)海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可書、特殊電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引主任者証、船員手帳、戦傷病者手帳、教員資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書またはこれらと同等の書類
 
B 法律またはこれに基づく命令の規定により交付された写真のない書類
Aの(1)の書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類、健康保険の被保険者証各種年金証書、恩給証書、介護保険被保険者証、生活保護受給者証、各種医療証、住基カードAまたはこれらと同等の書類

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

戸籍住民課 窓口係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8083
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ