このページの本文へ移動

心肺蘇生法が一部変更となりました

2016年7月28日更新

★ガイドライン2015の救命処置の流れ

 新しい心肺蘇生法の手順は下記の表のようになります。今回のガイドライン2015では、良質な胸骨圧迫を絶え間なく行うことや、心停止かどうか判断に迷ったらためらわず心肺蘇生とAEDの使用を開始するなど、以前のガイドラインより更に胸骨圧迫(心臓マッサージ)の重要性が強調されるようになりました。また、119番通報で救急車を要請するだけでなく、指令員に心停止の判断や助言、胸骨圧迫の指導を受けることが大切であるとされました。

""

 詳しい心肺蘇生法の手技に関しては、下記の「心肺蘇生法ガイドライン2015」をダウンロードし参照してください。
 また、AEDの詳しい説明に関しては、下記の「AED(自動体外式除細動器)」 または、「AEDの使用方法」をダウンロードし参照してください

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

消防署警備課 救急係
〒252-0011  座間市相武台一丁目48番1号
電話番号:046(256)2211
FAX番号:046(256)2215

ページの先頭へ