このページの本文へ移動

付加年金で年金の受給額を増やせます

2016年3月23日更新

   国民年金の第1号被保険者又は任意加入被保険者の方は、付加年金に加入し、国民年金保険料に月額400円の付加保険料をプラスして納付することで、65歳から受給する老齢基礎年金の額を増やすことができます。付加保険料として納付した合計金額の2分の1が、老齢基礎年金額に毎年上乗せされます。
 付加保険料の加入には申し込みが必要となり、申し込んだ日の属する月の分から納付できます。
 

〇対象
20歳以上
60歳未満の第1号被保険者(自営業者・学生・無職など)・任意加入被保険者
※厚生年金加入者やその扶養となる第3号被保険者の方は含まれません。

※国民年金保険料の免除を受けている方や国民年金基金の加入者は申し込みできません。

 
〇付加保険料の納付期限
翌月末日(末日が土曜・日曜・祝日の場合は翌営業日)
※納付期限から2年を経過するまでは納付することができます。 


〇持ち物
身分証明書(お持ちの場合は年金手帳)
印(認印可)


〇問い合わせ先
厚木年金事務所 TEL046(223)7171(代) 詳細はこちらからご覧ください

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

国保年金課 年金係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7035
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ