このページの本文へ移動

心身障害者医療費助成

2019年5月1日登録

 心身に障害をお持ちの方の健康保持と生活の安定を図ることを目的に、療養受診証を発行して医療費を助成するのが、『心身障害者医療費助成』制度です。

助成対象者と助成の割合
 1.身体障害者手帳1級または2級をお持ちの方負担なし
 2.療育手帳A1またはA2をお持ちの方負担なし
 3.身体障害者手帳3級をお持ちの方→1割負担
 4.療育手帳B1をお持ちの方1割負担
 5.精神保健福祉手帳1級をお持ちの方→負担なし
 ただし、平成25年4月1日以降に、65歳以上で上記1~5に該当した方は、対象となりません。 

助成内容
 
保険診療の医療費の自己負担分を全額または一部助成します。ただし、保険診療外()のものについては助成の対象となりません。
 文書料、入院時の食事代、薬の容器代など

受診証の申請方法
 次の物を持参のうえ、市役所1階医療課の窓口で心身障害者療養受診証の交付申請をしてください。
・身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳
・健康保険証
・印

助成方法
 神奈川県内の医療機関受診時に、健康保険証と受診証を提示することにより、健康保険適用医療費の自己負担分が全額または一部助成されます。
 また、神奈川県外の医療機関で受診した場合や、受診証を忘れて医療費を支払った場合は、口座振込で返金しますので、診療から2年以内に次の物を持参し、医療課で請求してください。
・心身障害者療養受診証
・領収書原本
・預金通帳やカードなど振込先が分かる物

・印
・健康保険からの高額療養費、附加給付金支給決定通知書(該当する場合)

領収書は「受診者氏名」「保険点数」「診療日」「金額」が記載されているものが必要です。記載がないと受付できないことがあります。また、原本の返却を希望される場合は、原本とコピーを併せて提出してください。確認後、原本をお返しします。

更新について
 2年に1度、自動更新します。更新時に資格がある方には、有効期間内に新しい受診証をお送りします。ただし、手帳の等級や健康保険証の内容、住所、氏名等に変更が生じた際には、速やかにお届けください。

◆「1割負担」の心身障害者療養受診証をお持ちの方へ
・70歳以上の方
 「負担なし」の受診証は各医療機関で使用できますが、「1割負担」の受診証は使用できません。その場合は、健康保険証のみで受診してください。なお、健康保険が2割または3割負担で差額が発生する方は、お手数ですが医療課までご請求ください。
・69歳以下の方
神奈川県内であっても一部の医療機関は、一割負担の受診証は使用できません。
その際は、いったん窓口でお支払いいただき
、医療課窓口で請求してください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

医療課 医療給付係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7213
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ