このページの本文へ移動

家具転倒防止対策事業

2019年6月15日更新

内容
 地震における負傷の原因の多くは、家具の転倒や落下物によるものであるため、家具転倒防止対策を進めることが重要です。
 市では、次の世帯を対象に、地震などの災害から生命の安全と財産を守るため、家具に転倒防止板を取り付ける事業を実施します。対象となる家具は、寝室や居間などに置かれているたんす、食器棚、本棚などの床置型の家具です(背面が壁に接していない家具には取り付け出来ません)。一世帯1度4台まで取り付けます。合成樹脂製の家具転倒防止板を、家具と床の間にはさみ込んで、家具が前に倒れることを防止します(床が畳の場合は沈下防止板を設置します)。

対象
 自力では家具転倒防止対策を実施することが困難な次の世帯
 (過去に利用した世帯を除く)
 (1)65歳以上のひとり暮らしまたは65歳以上の高齢者だけの世帯
 (2)身体障害者手帳1級または2級の障がい者だけの世帯
 (3)その他(1)(2)に準ずる世帯など

申請
 
申請期間中に「座間市家具転倒防止対策申請書」を担当に提出してください。市の決定後、委託事業者が取り付けに伺います。
受付1回目 6月17日(月)~7月5日(金)
      ※取り付けは8月、9月に実施。
受付2回目 8月15日(木)~9月6日(金)
      ※取り付けは10月、11月に実施。

費用
 対象となる世帯の市民税の課税状況で変わります。
 (1)市民税が非課税の世帯は無料
 (2)市民税が課税されている世帯は1,738円
 ※ただし、転倒防止板などの実費は申請者の負担です。
  申請者の負担は、幅90センチメートルの家具1台で900円程度、畳の上の場合は1台110円程度加算されます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉長寿課 長寿係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7127
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ