このページの本文へ移動

保険税を滞納すると

2019年4月1日更新

保険税を滞納したとき

保険税の納付が困難なとき


保険税を滞納したとき


 納期限までに保険税を納めない場合、督促状や催告状などで納税を促します。また、遅れて納税した場合には、納期限を過ぎた日数に応じて延滞金が生じます。

 その後も保険税を納めない状況が続くときは、次の処分を実施しますので、納期限内に納付できない事情があるときは必ず担当にご相談ください。
 

滞納処分 財産の差押え、公売の実施など
被保険者証の扱い
〔1〕 通常の被保険者証に代わり「有効期間が短い被保険者証」を交付
〔2〕 状況が改善しないときは被保険者証を返納いただき、「資格証明書」を交付(医療機関で受診した際の費用は全額自己負担となります。申請により、差し止めた保険給付額分を滞納税に充てることができます。)

 

保険税の納付が困難なとき


◆保険税の納付猶予
 次のような事情がある場合、納税の期限を延ばしたり、分割して納めることができる制度があります。担当にご相談ください。
 なお、納付の猶予の手続きをした場合でも猶予期間中延滞金は生じますが、その額は半分となります。
 

主な要件 猶予の期間
財産が火災や盗難にあった
納税者や家族が病気になったり負傷したりした
事業を休止または廃止し著しい損害を受けた
原則として1年以内


◆災害等による保険税の減免

 下記のような事情があり、分割納付または納付の猶予の手続きにも応じられない場合、保険税を減免する制度があります。各納期限7日前までに担当にご相談ください。(事実を証明する書類が必要な場合があります)

○財産が火災や盗難にあった
○生活保護を受ける程度の収入状況である
○失業、廃業、事業不振などにより、月収額が前年と比較して30パーセント以上減少し生活が困難である
○被保険者(加入者)が長期の病気や負傷により、月収の30パーセント以上の医療費がかかり生活が困難である

▲このページのトップへ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

国保年金課 国保係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7003
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ