このページの本文へ移動

個人情報を取り扱う上で、市が守るべきルール

2013年7月12日登録

◆取り扱いの制限
 思想、信条、宗教に関する情報や人種、民族、犯罪歴および社会的差別の原因となる情報は、法令などの定めのある場合を除いて取り扱いません。

◆個人情報取扱事務の登録
 個人情報が、市の内部でどのように取り扱われているかを明確にするために、個人情報の取扱事務登録簿を備えます。

◆収集の制限
 個人情報を収集するときは、収集の目的を明確にし、原則として本人から収集します。

◆利用および提供の制限
 個人情報を収集したときの取り扱いの目的以外に、その保有個人情報を利用または提供しません。

◆オンライン結合による提供の制限
 
市の外部との電子計算機などによる通信回線を用いた保有個人情報のオンライン処理などについて、必要な保護措置を行います。

◆適正な維持管理

 保有個人情報を漏らしたり、紛失したり、改ざんしたりすることなどの防止を図りながら、必要の無くなったものは速やかに廃棄し、常に最新のものに保ちます。

◆取り扱いなどの委託
 市以外の者と、個人情報を取り扱う事務または事業に関して委託契約を結ぶ場合は、個人情報保護のために受託者が守るべき義務を、契約において明らかにします。

◆不正な利用を行った者への制限
 市の職員や市の個人情報を取り扱う事務に従事している事業者・指定管理者などが、ルールに違反して個人情報を不正に取り扱った場合には罰則が適用されます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

文書法制課 情報公開係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8144
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ